ご年配の方には効果絶大?

ご年配の方には効果絶大?

今となっては電話やメールといった通信手段がありますが、昔は電報と郵便しかなく、郵便は時間がかかる代わりに長文を、電報は短時間で連絡を取れる代わりに短文を伝えるために使用されていました。祝電や弔電の他にも、緊急の連絡を要する際に使われていたのが電報というサービスで、ご年配の方にとってみれば懐かしさを覚えるサービスと言えます。だからこそ、敬老の日誕生日のお祝い時に電報を用いてお祝いの言葉をもらえば、より喜んでもらえると考えられます。

近年では、フラワー電報のように、電報に何か贈り物を添えるというサービスが一般的になってきています。お祝いの席にはお花があると良いといえますが、さらに電報でお祝いの言葉を添えれば、より喜んでもらえることでしょう。フラワー電報は、まさにご年配の方にピッタリのプレゼントと言うことができます。メッセージを記すことになる台紙についても、綺麗なものや可愛いデザインのもの、和風デザインのものなどから選ぶことができ、お花についてもお好みのお花を選ぶことが可能となっています。相手の好みにあわせたり、自分らしさを活かしたりして、フラワー電報をアレンジできてしまうのも魅力の1つです。

申し込みはネット上から

電報のサービスはNTTとKDDIの独占となっていますが、電報と似たサービスが同じく電報という名前で一般企業からも提供されています。もちろんNTTやKDDIからもフラワー電報のサービスが提供されていて、お花の種類も台紙の種類もラインナップが豊富になっていますので、まずはどの業者を利用するかについて決めていく必要があります。どちらもクオリティの高いサービスになっていますが、どちらかというと一般企業の方がよりリーズナブルな価格で、さらに他のサービスも充実しているといえます。フラワー電報以外にもギフトと電報を一緒に贈ることができるサービスも一般企業から提供されており、こちらも利用してみる価値はあるでしょう。食べ物と電報をセットで贈るサービスや、お酒と電報を一緒に贈ることができるサービスなど、多彩な商品が提供されています。

申し込みについては、どちらの場合でも電話かインターネット上から申し込むことが可能になっています。初めて利用してみるという方にとっては、サービスの内容が不確かで不安が多いかもしれませんので、電話で質問をしながら申し込んだ方が良いかもしれませんね。手軽に利用できるフラワー電報、皆さんもぜひ敬老の日にご活用ください。

フラワー電報を敬老の日に贈る

フラワー電報を敬老の日に贈る

9月の第3月曜日、毎年訪れる敬老の日には、感謝の言葉を贈り、長寿をお祝いするのが習わしになっています。敬老の日には毎年、何かイベントを企画しておじいちゃんやおばあちゃんを敬うという方も多いのではないでしょうか。そんなお祝いの席は何度あっても良いものですが、しかしながら毎年毎年イベントを企画したりプレゼントを贈ったりするとなると、だんだんネタが尽きてしまうというもの。今年は何をプレゼントしようかと頭を抱えている方も多いことでしょう。そんな悩みを抱える方におすすめなのが「フラワー電報」です。

フラワー電報とは、電報と共にお花を贈ることのできるサービスです。電報は古くから使い続けられている通信手段で、現在では利用者も減少の一途を辿っているサービスですが、冠婚葬祭、特にお祝いごとの際には重宝されている少し特殊なサービスでもあります。メールで良いのでは、手紙で良いのではという意見もあるかもしれませんが、電報のようにメッセージを短文にまとめる必要のある通信手段は、ストレートに気持ちを伝えることができるという魅力があります。祝電を入れるのは粋な計らいですし、敬老の日にはうってつけです。

当サイトでは敬老の日におすすめしたいフラワー電報の魅力について紹介していきます。どのように利用して、またどのような魅力が秘められているのでしょう。皆さんもぜひフラワー電報を用いて、おじいちゃんやおばあちゃんに普段は伝えられない、感謝の気持ちとお花をプレゼントされてみてはいかがでしょうか。

推奨サイト・・・レペトワール